日本赤十字社岩手県支部

日本赤十字社岩手県支部職員による救護訓練を行いました!

TOP > 新着情報 > 日本赤十字社岩手県支部職員による救護訓練を行いました!

View this post on Instagram

支部内職員研修において、救護服の着方とドラッシュテント設営訓練を行いました! 5月から各課持ち回りで支部職員同士での研修会を行っており、今回は事業推進課が担当でした。 異動で新たに三人の職員が入ったことやテント設営は訓練をしていないといざという時に対応出来ないことから研修に取り入れました。 午後2時、事業推進課長が災害発生を宣言した後、全職員一斉に救護服に着替え会議室へ集合💨救護服の着方や注意点を確認しました。 その後災害救援センターに移動し、10名の職員でドラッシュテントの展開・撤収訓練を行いました。 ドラッシュテントのカタログでは、本来は4人の作業者で展開・撤収共に5分で行えるとの記載がありますが、久しぶりであったことや確認しながら行ったこともあり大分時間がかかりました😓 やはり定期的な訓練が必要であることを改めて痛感しました。 近いうちにまた行います! 災害発生後の素早い対応のために、岩手県支部は全職員で備えます👮 #日本赤十字社岩手県支部 #日本赤十字社 #日赤 #岩手県 #岩手 #赤十字 #研修 #訓練 #ドラッシュ #救護服 #いのち #テント #災害 #japan #japanese #japaneseredcrosssocietyiwate #japaneseredcrosssociety

A post shared by 日本赤十字社岩手県支部 (@nissekiiwate) on

このページのトップへ