日本赤十字社岩手県支部

ラグビーワールドカップ2019釜石鵜住居復興スタジアムに日赤岩手県支部救護班を派遣しました!

TOP > 新着情報 > ラグビーワールドカップ2019釜石鵜住居復興スタジアムに日赤岩手県支部救護班を派遣しました!

View this post on Instagram

ラグビーワールドカップ2019🏉に日赤岩手県支部救護班を派遣しました❗️ ・ 9月25日(水)釜石鵜住居復興スタジアム🏟において、『フィジー🇫🇯対ウルグアイ🇺🇾』の試合が開催されることから、盛岡赤十字病院の医療スタッフと防災ボランティアを中心とした救護班が現地で活動しました。 ・ 昨年から県医師会など関係機関との打ち合わせを綿密に行い、今年7月には同会場で1,000人規模の実地訓練も行いました。 ・ キックオフ前には、震災犠牲者に黙とうがささげられ、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム・ブルーインパルスが上空を飛行して歓声が響きました。 ・ テロなど有事に備え、ひたすら待機していたため、歓声のみで試合の様子はわからない状況ですが『4年に一度じゃない。一生に一度だ』と銘打った世界規模の大会に参加できたことは有意義であったと思います。 ・ なお、10月13日の『ナミビア🇳🇦対カナダ🇨🇦』戦でも救護班を派遣する予定です。 ・ #日本赤十字社岩手県支部 #日本赤十字社 #赤十字 #日赤 #岩手県 #岩手 #釜石市 #釜石 #釜石鵜住居復興スタジアム #ラグビーワールドカップ2019 #試合 #テロ対策 #救護班 #医療スタッフ #防災ボランティア #盛岡市 #盛岡 #ブルーインパルス #フィジー #ウルグアイ #ラグビー #試合 #DMAT #japane #japanes #japanesredcrosssocietyiwate #japanesredcrosssociety

A post shared by 日本赤十字社岩手県支部 (@nissekiiwate) on

このページのトップへ