日本赤十字社岩手県支部

岩手県赤十字大会を開催しました!

TOP > 新着情報 > 岩手県赤十字大会を開催しました!

去る11月2日、日本赤十字社岩手県支部創立130周年記念同有功会連合会結成30周年記念岩手県赤十字大会が岩手県民会館大ホールにて開催されました。

当日は秋晴れで、例年よりも穏やかな気候の中、赤十字関係者や一般の方を含め総勢650名が集結しました。式典では、来賓による祝辞のほか、日本赤十字社大塚副社長と日本赤十字社岩手県支部長の達増知事から、日頃、赤十字事業に貢献された個人・団体に、赤十字有功章や支部長特別表彰を授与されました。

体験発表では、岩手県ノルディックウォーキング赤十字奉仕団委員長である太田正孝氏から被災地での仮設訪問とノルディックウォーキング指導の様子と盛岡市立城東中学校のJRC委員会の代表者2名が校内での募金活動など青少年赤十字活動を発表いたしました。

式典後のアトラクションでは郷土芸能が披露されました。谷地鬼剣舞(北上市)、大槌虎舞(大槌町)、氷上太鼓(陸前高田市)とそのダイナミックな踊りや太鼓の響きは会場の参列者に圧倒的な存在感を示し、大きな拍手が湧きました。

大会が無事挙行できましたことに感謝申しあげますとともに、これを機に今後も広く県民の皆さまに赤十字思想の一層の普及・定着を目指し、赤十字関連団体と連携しながら活動して参ります。

皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ