日本赤十字社岩手県支部

一関市室根赤十字奉仕団
ふれあい交流会を開催いたしました

TOP > 活動報告 > ボランティア > 一関市室根赤十字奉仕団
ふれあい交流会を開催いたしました

 9月9日(日)陸前高田市滝の里仮設団地にて、一関市室根赤十字奉仕団によるふれあい交流会が開催されました。

生憎の雨降りでしたが、午前中から多くの方にお越しいただけました。 集会所内では、血圧測定と手芸を行いました。

今回は針と糸を使う手芸でした。糸通しにはちょっと苦戦しましたが、縫う手つきは流石のお母さんたちです。

今回作ったのはこちらのお人形でした。蜂の子だそうです。 みなさん可愛らしく作っていただけました。

集会所内で手芸などを楽しんでいただいている間に、外ではおいしいカレーができあがりました。

残ったご飯はおにぎりに。

味噌の焼きおにぎりですが、室根の方では単に「田楽」と呼ばれるようです。 おらほ盛岡じゃ言わないですね。 こういった食文化の違いに触れることができるのも、こういった交流会の醍醐味でしょう。

カレーとおにぎり、手製の漬物や大福を召し上がっていただきました。

カレーも漬物も好評で、たくさん召し上がっていただけました。

食事のあとは奉仕団によるアトラクション。 奉仕団員には芸達者が多いです。

滝の里のみなさんと奉仕団一丸となっての輪踊りでフィナーレです。

室根奉仕団がこちらの仮設にお邪魔するようになって5年目ですが、復興支援事業としての訪問は今年が最後になります。 滝の里仮設団地のみなさん、これまで本当にありがとうございました。 ここで生まれた室根と陸前高田の交流の輪が、今後も広がっていくよう願っております。

このページのトップへ