日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」
~3月の仮設団地訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」
~3月の仮設団地訪問~

私たちは忘れない画像

 東日本大震災から丸7年を迎え、宅地造成や公営住宅の設置も進み、各地で仮設住宅団地の閉鎖・解体が進んでいます。被災地に暮らす方々の生活が大きな転換期を迎えていると感じた3月の訪問でした。

 日本赤十字社岩手県支部では、未だ仮設住宅での生活を余儀なくされている方々へのこころと身体の健康支援として、生活不活発病予防や気分転換、住民の方々同士の交流の機会を兼ねて、ノルディックウォーキングとお茶会の訪問活動を継続しております。

宮古市 愛宕公園(中里)仮設団地 平成30年3月7日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 いつもご参加いただく皆さんは既に仮設住宅から転居済み。この日も30分かけて転居先から歩いてきてくださった方もいらっしゃいました。

 仮設住宅の解体も間もなくとなっており、この日を以てこちらの仮設での活動は終了となりました。仮設団地が無くなったあとも、新しい場所でみなさん元気にお過ごしいただきたいと思います。

住人の居なくなった棟はプロパンガスのボンベも取り外され、解体間近といった様子でした

 

宮古市 グリーンピア三陸みやこ仮設団地 平成30年3月7日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 ここ最近は天候に恵まれないことの多かったグリーンピア仮設でのノルディックウォーキング。この日は暖かい気候に恵まれ、雪の残る中でしたが久しぶりに広い敷地内で目一杯ノルディックウォーキングを楽しむことができました。

 県内最大級だったこちらの仮設団地も今年度末を以て閉鎖と決まり、住民の居なくなったエリアでは既に解体も始まっていました。仮設を出た後も公営住宅などからご参加いただいた多くの皆さま、今後は公営住宅やご自宅の再建先で、集まってノルディックウォーキングを楽しんでいただければと思います。

既に住民が退去し解体を待つだけの一角

 

陸前高田市 滝の里仮設団地 平成30年3月14日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 陸前高田市内の最終集約先となっている滝の里仮設。陸前高田市内でも宅地の整備が進んできたことで徐々に入居者数は減ってきているようですが、今後他仮設団地の集約に伴い転入して来られる方もいらっしゃるかと思いますので、また新たな交流のきっかけの場となれるようにしたいと思います。

陸前高田市 神田(旧米崎中)仮設団地 平成30年3月14日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 米崎町では、岸壁の修復が進んでいる様子や高田東中学校の仮設運動場として利用されていた土地の原状復旧工事が進められており、高台に公営住宅が完成したのに続いて生活の場が徐々に回復されてきている様子が見えました。公営住宅や高台の住宅地など住まいは整ってきていますが、農地や港など、本当に地域の方の暮らしの場が再生するのにはまだ時間がかかりそうだと感じます。

釜石市 平田第2仮設団地 平成30年3月23日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 この日は北海道ノルディックウォーキング奉仕団の藤田委員長が支援活動のため来県されていました。北海道支部として支援活動に来られるのも今年度を以て最後となるということで、今回は北海道支部で新たに作成されたパンフレットをお配りし、藤田委員長の指導のもと屋内でできるストレッチを行いました。

 「生涯自力歩行ができるように」との藤田委員長の言葉に、みなさん一つ一つの動きを丁寧にストレッチに取り組んでいらっしゃいました。

釜石市 甲子町第2仮設団地 平成30年3月23日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 甲子町第2仮設は、先に甲子町内のほかの仮設団地が閉鎖となりこちらに集約となりましたが、公営住宅の完成や宅地造成の完了に伴い入居者の減少が一気に進んだ印象です。

 甲子地区は海から離れているため、こちらの仮設に入居されている方々の元のお住まいもバラバラで、仮設を出て行かれる先も皆さんそれぞれ異なるため、仮設住宅から転居された方が集会所の催しにいらっしゃるということも難しいようで、集会所でのイベント予定ももうほとんどなく団地内が閑散とした様子になってきました。集約に伴い派遣職員や応援職員の方の入居は多くなっているので、そういった方々と地域の方との交流の場を作れれば、と思います。

 

 仮設住宅から転出する動きが各地で加速してきていますが、新しいご自宅や公営住居に移った途端体調を崩されたというお話もよく伺います。季節の変わり目に加えて引越しの疲れ、新しい住まいにようやく移られたという緊張感のほぐれなどから体調を崩しやすい時期になりますので、日常的に体を動かすことを心掛けていただきたいと思います。

このページのトップへ