日本赤十字社岩手県支部

ふれあい交流会を実施しました
(一関市川崎赤十字奉仕団)

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > ふれあい交流会を実施しました
(一関市川崎赤十字奉仕団)

 10月7日(土)一関市川崎赤十字奉仕団による「ふれあい交流会」を、陸前高田市立第一中学校グラウンドの鳴石仮設団地集会所において開催しました。

 昨年の訪問時と比べ、多くの方が既に引越しをされて公営住宅や近隣の高台移転地に移られましたが、仮設から既に引越しされた方も駆けつけてくださり、旧交を温めていただきました。

初めに奉仕団員の紹介。 芸達者が揃います。

どの演芸にもたくさんの拍手をいただき、大変喜んでいただけました。

この日のお振舞の目玉は、「ツルクビ」と呼ばれる川崎特産の里芋を使った芋の子汁。 砂鉄川流域の砂地帯で育つ「ツルクビ」は、柔らかく舌触り滑らかで、大変好評をいただきました。

芸達者な奉仕団員、演目も豊富で食事中もプログラムは途切れず続きます。

食事の後は、一中仮設の誇るBAPPAダンサーズのダンスを披露していただきました。 想像していたよりはるかに速いテンポと激しい運動量、そしてそれを踊りこなすBAPPAたちには、芸達者な奉仕団員も度肝を抜かれました。

BAPPAダンサーズのダンスはこちらからご覧ください!(YouTubeに移動します)

当日は生憎の雨降りでしたが、お足元の悪い中多くの方にお集まりいただき誠にありがとうございました。

 

このページのトップへ