日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」
~9月の仮設団地訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」
~9月の仮設団地訪問~

私たちは忘れない画像

 9月に入ると暑さも和らぎ、ノルディックウォーキング日和に恵まれることの多い9月でした。多くの仮設住宅で集約や解体時期の話が聞かれるようになってきましたが、これからの引越しなどで慌ただしくなる暮らしを乗り越えるためにも、日々健康維持を心掛けていただければと思います。

 日本赤十字社岩手県支部では、未だ仮設住宅での生活を余儀なくされている方々へのこころと身体の健康支援として、生活不活発病予防や気分転換、住民の方々同士の交流の機会を兼ねて、ノルディックウォーキングとお茶会の訪問活動を継続しております。

宮古市 愛宕公園(中里)仮設団地 平成29年9月6日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 近隣の公営住宅へ転居された方の参加も多いこちらの仮設。30分もの道のりを歩いてお越しの方もいらっしゃいます。あまり暑い時期には、疲れすぎてしまうのでノルディックウォーキングは控えて軽い体操だけとすることが多かったですが、ノルディックウォーキング日和の程よい気候となったこの日は久々にポールを持ってのウォーキングを行いました。

 お茶っこ会では、タオルのマスコットづくりを行いました。たまにこうして仮設に戻って集まる場があるというのは、既に転居された方々にとってもよい気分転換の機会になるようでした。

宮古市 グリーンピア三陸みやこ仮設団地 平成29年9月6日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 こちらでは、日赤本社より依頼を受けた取材スタッフによる仮設住宅の現状への取材が入りました。

 県内最大級の規模であったこちらの仮設も、災害公営住宅の整備が進んだことで現在入居されている世帯は全戸数の一割を切るほどになり、参加者の多くが転居された元住民の方々となっておりますが、遠く離れた公営住宅や自宅再建地からもバスや自動車で来てくださる方々がいらっしゃるということから、こうして仮設住宅に集まって旧交を温めることを楽しみにしていただけていると感じます。

山田町 織笠(町民グラウンド)仮設団地 平成29年9月15日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 昨年再建された県立山田病院のそばでは、さらに消防署や交番の建設工事が進んでいました。周辺の林地も高台移転地として宅地造成が進んでおり、仮設住宅周辺の様相はこの数か月で一変していました。山田町は仮設住宅の解体予定までまだ期間があるところが比較的多いのですが、これから新しい町の形が一気に見えてきそうな様子でした。

 お茶っこ会ではフェルトのコースターづくりを行いました。大輪の花にも負けない山田の母ちゃんたちの笑顔のように、明るく賑やかな作品となりました。

山田町 船越第3(青少年の家)仮設団地 平成29年9月15日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 今年度いっぱいで解体となるこちらの仮設でも、既に引越しを済まされた多くの元住人の方が集まってくださいました。転居先の公営住宅で催しものがあっても集まる人が少なく、こちらで懐かしい顔を見られて嬉しいという声も聞かれました。公営住宅や高台移転地によっては仮設住宅で出来たコミュニティがバラバラとなってしまった場所もあり、新しい住まいでのコミュニティの形成が喫緊の課題だと感じさせられました。

釜石市 平田第2仮設団地 平成29年9月22日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 釜石らしい濃い青空の快晴に恵まれ、絶好のノルディックウォーキング日和となりました。朝は肌寒かった気温も、歩いていれば軽く汗ばむくらいになり、心地よくノルディックウォーキングを楽しんでいただけたものと思います。

 みなし仮設となっていた雇用促進住宅から今年になってこちらの仮設に転入して来られた方は、いつもこの先の第6仮設に歩いて遊びに行っているんだと、この日も途中までウォーキングに参加されそのまま第6仮設に向かわれました。仮設住宅の集約化、公営住宅や高台移転地への転居により従前のコミュニティの解体と新規のコミュニティ形成がどの地域でも課題となっているように見受けられますが、日々の暮らしの中に何か楽しみを見つけていただければと思います。

釜石市 甲子町第2仮設団地 平成29年9月22日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 集約先となっている仮設住宅ですが、これまで参加されていただいた方々も転居されたりお仕事を始められたりなど動きがあり、馴染みの方もだんだん少なくなってきました。集約化によりほかの仮設住宅から転入された方や派遣・応援職員の方などにも交流の場としてご活用いただければと思います。

陸前高田市 神田(旧米崎中)仮設団地 平成29年9月27日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 米崎小学校仮設の解体が間もなくとなっていたため、小学校仮設から転居されてきた方もいらっしゃいました。近隣の災害公営住宅や高台移転地からも、小学校仮設で開催していた頃から参加されている方が多くご参加いただき、賑やかなお茶会となりました。

陸前高田市 滝の里仮設団地 平成29年9月27日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 住民同士集まって毎日ノルディックウォーキングを実施されているこちらの方々。「いつも見ていてやってみたいと思っていた」と、近隣の子育て支援施設の方も今回ご参加いただきました。こちらは陸前高田市の最終集約団地となっているため、ほかの仮設団地から転居されてきたご夫婦も今回新規でご参加くださいました。仮設団地の集約化により新しいコミュニティ形成が必要とされている中、我々の活動が住民交流の場の提供に寄与できればと思っております。

 

これから寒くなってきますが、風邪予防のため体力づくりを心掛けていただければと存じます。

このページのトップへ