日本赤十字社岩手県支部

ふれあい交流会を実施しました
(一関市室根赤十字奉仕団)

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > ふれあい交流会を実施しました
(一関市室根赤十字奉仕団)

 9月3日(日)一関市室根赤十字奉仕団による「ふれあい交流会」を、陸前高田市滝の里仮設団地において開催しました。

 昨年の訪問時と比べ、多くの方が既に引越しをされて公営住宅などへ移られたそうですが、陸前高田市の最終集約先となっているこちらの仮設では、住宅再建を待ちまだまだ仮設暮らしの続く方も多くいらっしゃいます。

 この日はまず、紙ひもを使った金魚の根付けづくりを楽しんでいただきました。お好きな色の紙ひもやビーズを選んで自分好みの金魚ができあがると、「わぁ!かわいい!」と歓声があがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 お食事交流会では、奉仕団員が心を込めて作ったカレーライスや一関のB級グルメ「いちのせきハラミ焼き」を召し上がっていただきました。こちらも大変ご好評いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 食事を楽しんでいただいた後は、民謡や舞踊を楽しんでいただきました。奉仕団員の踊りに手拍子をいただき、アンコールの声も上がるなど楽しんでいただきました。

 最後には、滝の里のみなさんが普段踊られている「ボケない音頭」で、住民のみなさんと奉仕団員と一緒に輪踊りを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 ご参加くださいました滝の里仮設団地の皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

 

このページのトップへ