日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」
~8月の仮設団地訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」
~8月の仮設団地訪問~

私たちは忘れない画像

 あまり夏らしい気候とならなかった今年の夏。8月には台風の接近などもありましたが、幸い訪問日は雨の合間に当たることが多く、訪問を中止するような荒れた天気となることもありませんでした。これから本格的な台風シーズンを迎えますが、昨年のような災害にならないよう願うばかりです。

 日本赤十字社岩手県支部では、未だ仮設住宅での生活を余儀なくされている方々へのこころと身体の健康支援として、生活不活発病予防や気分転換、住民の方々同士の交流の機会を兼ねて、ノルディックウォーキングとお茶会の訪問活動を継続しております。

大槌町 小鎚第8仮設団地 平成29年8月9日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 この日は、岡山県支部で赤十字防災ボランティアとして活動されている満さんが、支援活動のためにいらっしゃいました。台風の接近による生憎の雨のため、ノルディックウォーキングを体験していただくことはできませんでしたが、屋内での体操やお茶会を通じて住民の方と交流していただきました。

 前日夜に接近した台風5号により、大槌町や釜石市には広く避難勧告や避難準備・高齢者等避難開始が発令されましたが、高齢者の方からは避難所までの移動手段がないとの不安の声も多く聞かれました。昨年の台風10号では、大槌町の仮設団地でも浸水被害により予定より早く解体・撤去となったところもあり、大雨のたびに住民の方々は不安を感じられているようです。

大槌町 安渡第2仮設団地 平成29年8月9日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 安渡でも災害公営住宅が完成し始め、馴染みの住民さんも転出された方が多くなってきました。人数は少ないながらもともとコミュニティの繋がりの強いこちらの仮設団地、今回も賑やかなお茶っこ会となりました。

 転居される方が増えるにつれ、お茶会の話題も自然と仮設団地の撤去・集約の時期の話題や、引越しの時期の話題など次の段階への話題に変化してきました。満さんも、慣れない言葉に苦労しながら住民の皆さまの話に耳を傾け、交流を楽しんでいただきました。仮設団地の皆さまにも、今でもこうして赤十字ボランティアが県外からも応援しているということを励みに感じていただけたものと思います。

大槌町 大槌第9(袰岩)仮設団地 平成29年8月23日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 雨天続きの合間の晴天に恵まれ、蒸し暑さはあったものの川沿いのウォーキングコースでは涼しい風が吹き抜け、心地よくノルディックウォーキングを行うことができました。

 お茶っこ会では、手ぬぐいの東袋づくりを行いました。手先の器用な男性の多いこちらの仮設、皆さんお母さん方に負けず慣れた手つきで作品を縫い上げました。

釜石市 鵜住居町(田郷)仮設団地 平成29年8月23日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 鵜住居では、ここ数回ずっと天候不良に見舞われウォーキングのできないことが多かったのですが、今回は久しぶりに青空の下でノルディックウォーキングをすることができました。

 お茶っこ会では、こちらでも手ぬぐいの東袋づくりを行いました。いつものように和気藹々と手芸とお茶っこを楽しんでいただきました。

山田町 山田第7(旧不動生コン跡第2)仮設団地 平成29年8月25日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 快晴となり、陽射しが強く暑さも厳しかったため、ウォーキングはお休みしてポールを使ってのストレッチのみとなりました。

 お茶っこ会では、手ぬぐいの東袋づくりを行いました。裁縫の得意なお母さんに奉仕団員が教わる場面もあり、また参加者同士でも教えあったり手伝いあったりと楽しんでいただけました。

宮古市 鍬ケ崎小学校グラウンド仮設団地 平成29年8月25日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 鍬ケ崎地区の宅地や道路の造成工事も落ち着き、近場でノルディックウォーキングを行えるようになりました。この日は、地元の浜をぜひ見せたいとの参加者の方からのお申し出で、蛸の浜まで歩きました。好天に恵まれ真っ青な空と海の美しさを堪能させていただきました。蛸の浜へ向かう道中は、山の麓のお寺に向かって結構な坂道となっていましたが、そこを乗り越えて津波が襲ってきたと当時のお話をしていただき、改めて津波の規模の大きさを感じました。

陸前高田市 鳴石(市立第一中学校)仮設団地 平成29年8月30日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 到着時には雨が降っていましたが、多くの方が合羽を着てポールを持って待っていてくださいました。ノルディックウォーキングを楽しみにしていただけていることを嬉しく思います。雲行きを見ながら体操をしているうちに雨が上がり、無事にノルディックウォーキングを行うことができました。

 引越し作業中のお忙しい中ご参加くださった男性からは、一旦公営住宅に入るけど自宅を再建する予定だとのお話を伺いました。もう87歳になるけど今はそれが楽しみだ、と活き活きと話されていたのが印象的でした。

 

陸前高田市 神田(旧米崎中学校)仮設団地 平成29年8月30日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 米崎ではずっと米崎小学校を会場として、旧米崎中仮設にお住いの方にもご参加いただいて開催しておりましたが、米崎小仮設の解体が間もなくとなったため、今回から旧中学校仮設に会場を移しての開催となりました。会場を移しての開催となり、どのくらいの方にご参加いただけるか心配しておりましたが、小学校仮設から公営住宅に移られた方、旧中学校仮設にお住いの方など多くの方にご参加いただけ、今回初めてのご参加となった方もいらっしゃいました。

 仮設住宅の集約と住民の移動が本格化する中、こういった交流の場の提供はまだまだ必要とされていると感じました。

このページのトップへ