日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~6月の仮設団地訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~6月の仮設団地訪問~

私たちは忘れない画像

 梅雨入りし、支援活動に向かう道中にも天候の心配をすることが多くなってきました。一方、気温が上がって蒸し暑くなる日も多くなってきておりますので、体調管理に注意していただきたいと思います。

 日本赤十字社岩手県支部では、未だ仮設住宅での生活を余儀なくされている方々へのこころと身体の健康支援として、生活不活発病予防や気分転換、住民の方々同士の交流の機会を兼ねて、ノルディックウォーキングとお茶会の訪問活動を継続しております。

釜石市 鵜住居町(田郷)仮設団地 平成29年6月2日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 生憎の雨のため、ノルディックウォーキングは実施せず屋内でストレッチを行いました。梅雨時には普段の散歩などもできないことが多いかと思いますが、こうして室内でできる体操を覚えて、運動不足にならないよう気を付けていただければと思います。

 お茶会では、雨傘のデコレーションをしました。これからの時期にぴったりだと喜んでいただける一方で、もったいないから使わないでとっておきたいという声も聞かれました。それだけ自分だけのデザインの傘に愛着を持っていただけたようでした。

大槌町 安渡第2仮設団地 平成29年6月2日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 こちらも雨天のため屋内でのストレッチとなりましたが、いつも近隣の仮設団地からお越しいただいている方々も、お足元の悪い中お集まりくださいました。

 認知症予防の体操では、なかなか思うように手が動かず笑いが起こる場面も。うまくこなすことよりも、こうして体を動かして大いに笑っていただくことが、何より健康のためになるかと思います。

山田町 山田第7(旧不動生コン第2)仮設団地 平成29年6月16日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 盛岡からの道中では時折前が見えないほどの大雨となりましたが、山田にはまだ雨雲が到達しておらず、涼しい気候の中ノルディックウォーキングをすることができました。いつもウォーキングの目的地としている関口神社では7月初めの例大祭を控えていたところで、道中の商店などで祭りのポスターを見かけました。畑仕事や庭仕事をされていた近隣の方に声をかけたりかけられたりと、仮設住宅住民の方々と地域の方々との間で普段から交流のある様子が見られました。

宮古市 鍬ケ崎小グラウンド仮設団地 平成29年6月16日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 宮古への移動中にも雨が降りましたが、仮設に着く頃には上がり、ノルディックウォーキングを行うことができました。雨が降っていたにも関わらずしっかりポールを準備して集まってくださっていて、この日は浄土ヶ浜でノルディックウォーキングを行いました。景色を楽しむにはいまいちの曇天でしたが、やっぱり外に出ると気持ちいい、浄土ヶ浜には久しぶりに来たけどやっぱり綺麗だ、と喜んでいただけました。

 お茶っこ会では、ハンガーリメイクを行いました。針金ハンガーに布を巻き付け、個性的で実用的な作品づくりを楽しんでいただきました。

大槌町 大槌第9(袰岩)仮設団地 平成29年6月23日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 好天に恵まれノルディックウォーキング日和となりました。自宅を再建されたご夫婦もいつものようにご参加いただきました。

 お茶っこ会では、雨傘のデコレーションを行いました。ビニール傘にシールを貼るシンプルな工作ですが、シールの選択や配置にそれぞれこだわりを発揮して、みなさん個性的な作品を作り上げていただきました。

大槌町 小鎚第8仮設団地 平成29年6月23日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 午後からは蒸し暑さが増しましたが、暑いので外歩きは控えておくという方々も運動はしておきたいとストレッチにご参加いただきました。これからより暑くなると、普段の散歩も億劫になり出不精になってしまうという方も多いようですが、無理のない程度に体を動かすこと、水分補給をしっかりすることの重要性をお伝えしていきたいと思います。お茶っこ会でも、汗を拭いながらみなさん夢中になってそれぞれ色とりどりの個性的な傘に仕上げていただきました。

陸前高田市 鳴石(市立第一中学校)仮設団地 平成29年6月30日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 自宅再建や公営住宅へ移られた方にも多くご参加いただいております。ほかの仮設住宅でもですが、転居された方が仮設団地を訪れるきっかけもなかなかない中、久しぶりに仮設住宅へと戻り、以前のご近所さんや顔馴染みの方々との旧交を温めるきっかけの場となっている様子を見ると、我々も嬉しく感じます。

 高台移転地として整備された中学校周辺のコースでは、高田のうごく七夕の山車を作成する小屋も見られました。高田の七夕ももう作り始まった、と祭りの夏に思いを馳せながらお茶っこ会の七夕飾りづくりも楽しんでいただきました。

陸前高田市 滝の里仮設団地 平成29年6月30日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 先月の訪問時は生憎の雨降りでしたが、今回は少し蒸し暑いもののノルディックウォーキング日和の晴れ間となり、多くの方にご参加いただきました。

 こちらの仮設では、自治会を中心に雛人形や五月人形、鯉のぼりを飾り付けたりと季節の催しをとても大切にされているため、今回の七夕飾りづくりも大変喜んでいただけました。けんか七夕で有名な気仙町の方が多くいらっしゃる仮設ですが、七夕飾りづくりはけんかせずにいつものように賑やかに楽しみながらとなりました。

このページのトップへ