日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~1月の仮設団地訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~1月の仮設団地訪問~

 

私たちは忘れない画像                  

 東日本大震災から6年が経とうとしています。日本赤十字社岩手県支部では、未だ仮設住宅での暮らしを余儀なくされている方々へのこころと身体の健康支援として、訪問活動を継続しています。生活不活発病予防や気分転換、住民さん同士の交流を兼ねてノルディックウォーキングとお茶会を行っています。

 また震災を風化させず、これからも防災・減災の意識を忘れないで頂きたいと思います。

 釜石市 平田第2仮設団地            平成29年1月13日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 新年最初の活動は釜石市から。この数日前には沿岸部にもかなりの降雪があり、道端や田畑にはまだ雪が残っているのが多く見られました。浜風も強く寒い日でしたが、晴天の下で新年初のノルディックウォーキングを楽しんでいただきました。

 お茶っこ飲み会では、フェルトのバッグづくりを実施しました。すぐ隣の災害公営住宅へ移られた方もご参加いただき、思い思い作品づくりを楽しんでいただきました。

釜石市 甲子第2仮設団地             平成29年1月13日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 甲子地区では、地区内のほかの仮設団地が昨年で閉鎖となったことで、こちらの第2仮設に転入されてきた方も多くいらっしゃるとのことでした。新しい環境に慣れるためのきっかけとして、我々のノルディックウォーキングやお茶っこ飲み会をご利用いただければと思います。

大槌町 安渡第2(旧安渡小学校)仮設団地    平成29年1月18日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 安渡小学校の校舎跡に建設されていた公民館がとうとう完成し、数日前に落成式が行われたばかりでした。避難ホールも備えた真新しい公民館を中心として、新しい安渡のまちづくりが始まっていくという印象を受けました。

山田町 船越第3(青少年の家)仮設団地       平成29年1月18日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 普段から仮設住宅の方々と親しくされている近所の方が、以前から興味があったとご参加いただきました。船越地区でも住宅造成が進み、仮設住宅も空き部屋がかなりの割合になってきています。仮設住宅の方と地元の方の交流の場としても、我々のノルディックウォーキングやお茶っこの会をご利用いただければと思います。

  大槌町 大槌第9(袰岩)仮設団地        平成29年1月20日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 大槌川の河川敷や土手にも、多くの雪が残っていました。足元の悪い中でしたが、ポールを持ってお集まりいただいた方たちと、いつもより少しコースを短縮してのノルディックウォーキングを実施しました。こちらの仮設は陽当たりが悪く、敷地内も雪が多く残っているため、散歩に出るのも億劫になりがちだそうです。そういった方々にも、生活不活発病予防のため家の中でもできる運動方法などもお伝えしています。

 大槌町 小鎚第8仮設団地         平成29年1月20日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 こちらでは、午後になって冷え込みが強くなってきたため、集会所内でロコモティブシンドローム予防の体操を行いました。椅子に座ったままでもできるよう考えられているので、ぜひご自宅でも日常的に身体を動かすようにしていただきたいと思います。

 フェルトのバッグづくりは、作業はフェルトの紐を編んだり結んだりするだけですが、出来上がりは思った以上にそれぞれ個性がでるため、気に入った形になるようほかの人のを参考にしたり教えあったりと、楽しんでお気に入りのバッグに仕上げていただきました。

山田町 山田第7(旧不動生コン第2)仮設団地   平成29年1月25日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 この日は、前日から岩手入りして復興支援活動をされていた北海道ノルディックウォーキング奉仕団の藤田委員長が合流されての活動でした。震災から6年が経とうとしている今でも、こうして県外から支援の手が届くというのは、長い仮設住宅暮らしを送られている方々にとって励みになったのではないかと思います。

 普段は、お茶っこ飲み会では季節に合わせたお茶菓子をご用意しておりますが、節分が近いということで、恵方巻と豆まきを楽しんでいただきました。

山田町 織笠(町民グラウンド)仮設団地     平成29年1月25日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 雪の多く残る仮設団地の敷地内でノルディックウォーキングを行いました。特に高齢の方は、積雪があると転倒の恐れから普段の散歩もしていないという方が多いですが、ポールを使ったストレッチには室内でもできるものが多くあるので、こういう時期こそ意識的に身体を動かすようにしていただきたいと思います。

 こちらでもたくさんの方にお集まりいただき、豆まきを楽しんでいただきました。

大船渡市 地ノ森仮設団地                平成29年1月27日(金)

 

 

 

 

 

 

 

 新たに担当になられた支援員さんにも加わっていただいてのノルディックウォーキングでした。普段から住民の方々と関わる機会の多い支援員さんにノルディックウォーキングに触れていただき、運動効果を体験していただけるのはとても心強く感じます。

 集約先となっている仮設団地ですが、近場に災害公営住宅が建築されたこともあり空室がかなり増えていました。災害公営住宅へ転居された方や、ほかの仮設団地から移られた方も交流の機会にぜひご参加ください。

陸前高田市 滝の里仮設団地          平成29年1月27日(金)

2017年1月滝の里2017年1月滝の里

 

 

 

 

 

 

 

 傾斜のある坂の上に位置するこちらの仮設ですが、普段から毎日朝夕の2回、住民の方々が自主的に集まってノルディックウォーキングをされているそうです。この日も寒い中、多くの方が集まってくださいました。

 豆まきも大人数で盛大に、たくさんの福を呼び込めたことと思います。

このページのトップへ