日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~宮古市と陸前高田市の仮設団地を訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~宮古市と陸前高田市の仮設団地を訪問~

 平成28年3月9日(水)、宮古市中里仮設団地グリーンピア仮設団地を訪問しました。沿岸に積もった雪も消え、日当たりの良いところに咲く梅の花を見つけながらノルディックウォーキングを行いました。それでも風は冷たく震災の日の寒さを思い出させるような天気でした。また、3月11日を目前にして全国各地から寄せられた『3.11私たちは、忘れない。』の応援フラッグを被災した方々に、お届けしながらの訪問でした。

 お茶っこ会では、メッセージカードを添えたホワイトデーのクッキー&キャンディのラッピングを行いました。「ホワイトデーってのもあるんだ!?」「亡くなった息子に供える」「自分にあげる」とかわいらしくラッピングをしていました。また「一人(暮らし)だから、ここ(集会所)に来ると誰かに会えるからいっつも来るんだ」という方もいらっしゃいました。気軽に集まれる集会所は一人暮らしの方にとって大事な場所になっているようです。

IMG_3636DSCF6773IMG_3628              宮古市中里仮設団地の皆さん 

 

IMG_3664DSCF6831IMG_3649           宮古市グリーンピア仮設団地の皆さん                 
     

 3月16日(水)は、陸前高田市高田一中仮設団地米崎小仮設団地を訪問しました。今回は、花粉症の季節で辛い方もいらっしゃるのではという思いから、ポケットティッシュケースのデコレーションを行いました。男性も花やレースを上手に使って素敵なケースに仕上げていました。「こういうのも癒されるね」「かわいいな」と飾り付けを楽しまれていました。

DSCF7001

DSCF7014

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7041             陸前高田市高田一中仮設団地の皆さん               

 

DSCF7098

DSCF7061

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7106

               陸前高田市米崎小仮設団地の皆さん

 

「遠く離れていても、心はひとつ。一緒に頑張りましょう!」

「共に絆を深めよう、いつまでも」

「忘れません。そして子供たちにも伝えて行きます」

「皆さんの頑張りを見守っています。自分にできることで応援していきます」

「未来を信じ、一歩ずつ前へ!」

「お身体を大切に」 

などなど、たくさんのメッセージ・応援をありがとうございました。

「今も応援してくれて、ありがたいね」「みんなの見えるところに貼ろう」とそれぞれの集会所に飾らせていただきました。

  これからも日本赤十字社岩手県支部では、被災した方々に寄り添った復興支援活動を続けてまいります。

このページのトップへ