日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~釜石市の甲子第2仮設団地と田郷A~D仮設団地を訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~釜石市の甲子第2仮設団地と田郷A~D仮設団地を訪問~

 平成28年1月22日(金)、釜石市の甲子第2仮設団地田郷A仮設団地を訪問しました。数日前に積もった雪が仮設団地内にまだ残っており寒い一日でしたが、日頃の運動不足解消にストレッチやウォーキングをノルディックウォーキング赤十字奉仕団と共に行いました。

 甲子第2仮設団地は、釜石自動車道の釜石西インターチェンジから市街地に1キロほど行った甲子中学校の近くにあります。いつもは甲子川に沿った道や近くの工業団地への道をウォーキングしていますが、凍ったり車の往来が多いという事で相談の結果、この日は仮設団地内を周回することにしました。心持ち早足で歩き少し汗ばむほどだったため、「いい運動になった~」「しばらくぶりにいい汗かいた」と久しぶりのウォーキングを楽しまれたようでした。

  お茶会ではヒイラギやイワシを付けた節分飾りを作ったり豆撒きをしたりして厄除けを行い、一年の無病息災を願いました。また、日赤鶯鳴荘さんから預かった千羽鶴を贈呈し受け取って頂きました。

DSCF6123DSCF6121

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6165

                                                  甲子第2仮設団地の皆さん

 

     田郷A仮設団地は、現在は不通となっている山田線鵜住居駅から鵜住居川に沿って山側に3㎞行った鵜住居中学校の手前に位置しています。日差しはあるものの風が冷たい日でしたが、ノルディックウォーキングを楽しんだりお茶会で豆まきをしたりして、皆さんの健康を祈願しました。体調を崩していた方も「やっと治って集会所に来れて良かった」「前回は風邪ひいてしまって参加できなくて残念だった」とイベントに参加できることが体調のバロメーターにもなっているようです。そして、こちらでも日赤鶯鳴荘さんから預かった千羽鶴をお渡しし集会所に飾って頂きました。

DSCF6192

DSCF6175

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6208

               田郷A~D仮設団地の皆さん  

 既に自宅再建したり公営住宅に移転した方々もいらっしゃいますが、まだまだ仮設住宅に住まざるを得ない方々もいらっしゃいます。日本赤十字社岩手県支部では、仮設住宅にお住いの方や移転した方への健康支援や交流の場として「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。ポールを使ったノルディックウォーキングは、ストレッチから始まり、どなたでも楽しく体操できます。また、季節の行事や時季にちなんだイベントも準備しております。お茶っこ会だけの参加も大歓迎です。皆さんの参加をお待ちしています。       

 

このページのトップへ