日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~陸前高田市の高田一中仮設団地と米崎小・中仮設団地を訪問~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~陸前高田市の高田一中仮設団地と米崎小・中仮設団地を訪問~

 平成28年1月13日(水)、今年最初の訪問は雪が無く日差しが差すお天気のなか、陸前高田市の高田一中仮設団地米崎小学校仮設団地を訪問しノルディックウォーキングとお茶っこの会を行いました。浜風が強く顔に刺すような冷たさでしたが、たくさんの方々が参加して下さいました。

 日本赤十字社岩手県支部では、生活不活発病の予防と健康維持のために仮設住宅を訪問し、ノルディックウォーキングを行っています。また、こころのケアとして被災した方々の不安やストレス軽減・気分転換に、お茶会や季節の行事を楽しむイベントを行っています。

高田一中仮設団地で初めてノルディックウォーキングを体験した女性は「一人で歩くより、皆で歩いたほうが楽しい。今日は良い汗をかいた~」とさわやかな笑顔を見せて下さいました。
「仮設の中にばかりいると飽きるよ」「寒くなると体が縮まるから胸をそらして広げる運動が気持ち良かった!」という声も聞かれました。

 DSCF5991DSCF5987                                                        

 

 

DSCF6011DSCF6029

 

 

                                               ウォーキングの後のお茶っこ会では、小正月に因んでフェルトのリボンバック作りを楽しんで頂きました。お好きな色のフェルトを選んだら結んで結んで~♪

「みんなの見ててもワクワクするね!」「東京の子供に教えたらびっくりすると思う」
「孫が3人いるから皆に作ってあげたい!」 自分の バックが出来上がると大変喜んで下さいました。
DSCF6033
 
 
 
  米崎小学校仮設団地でもストレッチやノルディックウォーキングが習慣や楽しみになっている方が多く、普段は住民さん同士声掛けあって歩いたりおしゃべりしたりしているということです。それでも私たちの訪問を「来てくれるの楽しみに待っているんだよ」とたくさんの方が参加して下さいました。
 
DSCF6041DSCF6055
 
 
DSCF6069
 
     仮設住宅にお住いの方や移転した方々も交流の場として参加して頂ければと思います。
 
 
 
 

このページのトップへ