日本赤十字社岩手県支部

秋田県大潟村赤十字奉仕団が「ふれあい交流会」を開催しました。

TOP > 活動報告 > 秋田県大潟村赤十字奉仕団が「ふれあい交流会」を開催しました。

 10月28日(水)秋田県の大潟村赤十字奉仕団29名が陸前高田市高田1中仮設住宅で「ふれあい交流会」を開催しました。

 

1

2

 

 

 

 

 

 

 

早朝5時、秋田県大潟村を出発し9時半には到着!「ふれあい交流会」の準備に取りかかります。

 

34

 

 

 

 

 

 

 

 今回のメインイベントは、「だまこ汁」です。秋田では、米をつぶして串に巻きつけた「きりたんぽ鍋」と丸めた「だまこ鍋」の地域があるそうで、大潟村は「だまこ鍋」が主流の様です。

 

5

6

 

 

 

 

 

 

 

 さて、準備開始です。大潟村赤十字奉仕団の方が、交流会にご参加の方に、「だまこ作り」を伝授!「だまこ作り」を体験いただきました。みなさん、出来具合は上々です!

 

7

8

 

 

 

 

 

 

 

「だまこ鍋」が出来上がった頃合いをみて、大潟村赤十字奉仕団副会長がご挨拶され、「ふれあい交流会」の開催です。参加いただいた皆さんは、収穫したての「あきたこまち」の新米で作られた「だまこ鍋」に舌鼓を打っておられました。

 

9

 食後は、リラクゼーションなどで体をほぐしました。最後は、大潟村の盆踊りの「大潟音頭」を教わり参加者で輪になって踊りました。

 

IMG_9514IMG_9515

 

 

 

 

 

 

 

   終了後に、奉仕団員のご自宅で育てた「ホオヅキ」や弓の材料とされる「檀弓(マユミ)」のドライフラワーと奉仕団員が手作りし額に納めた「押し花」のプレゼントありました。このプレゼントには、参加者から「ホオヅキ懐かしいわね~」「すごい押し花だわ~」とお声をいただき、最後まで楽しい交流会でした。 

 前日から仕込みをし、朝も早くからバスに揺られお越しいただき、交流会を開催していただいた大潟村赤十字奉仕団の皆さま本当にありがとうございました。

 

 

このページのトップへ