日本赤十字社岩手県支部

親子で「防災」について学びました。

TOP > 活動報告 > 親子で「防災」について学びました。

 平成27年10月24日(土)花巻市宮野目小学校の6年生87名が親子レクリエーションで「防災」について学びました。このイベント開催にあたり、日本赤十字岩手県支部は学習内容の選定や事前準備、当日の運営などに協力させていただきました。

 この親子レクリエーションでは、災害時等に用いられるハイゼックス(高密度ポリエチレン)を使った炊出し体験や地元の地図を使って危険箇所等を想像(察知)し、災害時に被害を少なくすることを目的としたDIG(災害図上訓練)などを親子で楽しく体験しました。

 

IMG_2518 ●IMG_0772 ●

 

 

 

 

 

 

 

   花巻地区赤十字奉仕団からハイゼックスの作り方を教わりみんなで作った後は、DIG会場の

  体育館へ移動!

 

IMG_2482 ●

     最初は、自分の地域について確認!自分の家・線路・川・国道などを確認!

 

IMG_0789 ●

   次に、家の中で起こりそうな危険や通学路等で起こりそうな危険をみんなで話し合い書き

  出していきます。

 

IMG_0816 ●IMG_0817 ●

 

 

 

 

 

 

 

自分たちが気づいた危険に遭わないために、何ができるか親子で一緒に考えました。

 

IMG_2496 ●

   まとめとして、「身の回りに潜んでいる危険」「被害に遭わないために何ができるか」を

  発表しました。

 

IMG_2503 ●IMG_2506 ●

 

 

 

 

 

 

DIG(災害図上訓練)終了後は、毛布を使った傷病者搬送を体験しました。

IMG_2512 ●IMG_2516 ●

 

 

 

 

 

 

 

 体育館内でのプログラム終了後は、日本赤十字社岩手県支部が展示した救援物資や救護所を見学し、秋空広がる校庭で自分たちが作ったハイゼックスのご飯と豚汁でお昼ご飯を親子で美味しくいただきました。 

 日本赤十字岩手県支部では、今回実施のDIG(災害図上訓練)等の防災教育プログラムを地域単位(町内会~小学校区範囲)で実施することとしておりますので、防災の取組を検討の際は、お気軽に当支部事業推進課までお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

このページのトップへ