日本赤十字社岩手県支部

復興支援「赤十字奉仕団ふれあい交流会」~山田アマチュア無線ネット赤十字奉仕団~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 復興支援「赤十字奉仕団ふれあい交流会」~山田アマチュア無線ネット赤十字奉仕団~

 山田アマチュア無線ネット赤十字奉仕団による、山田町内の各小学校での「赤十字ふれあい給食会」は3年目となります。

 9月14日には、織笠小学校の体育館で同校の全学年36名と近くの轟木小学校の全学年26名による合同運動会の練習日に実施させていただきました。

 IMG_1974

  デカパンレースの練習です。

 1年生の二人組からリレー、6年生になるとスピード、迫力が凄い!

 

 

 

カレー調理

 練習を頑張った児童にたくさん食べてもらいたいと「たっぷりお肉のカレー」を作る男性奉仕団員の皆さん。「赤十字ふれあい給食会」ではいつも調理を担当。

 味見の町食生活改善推進委員さんからも「バッチリ」とのお墨付き。

 

 

IMG_1982
 

 山田町食生活改善推進委員の皆さん、織笠地区民生委員の皆さん、日赤山田町分区事務局の役場健康福祉課の皆さんと山田アマ無線奉仕団が協働し、200食分を準備しました。

 

 

  織笠小学校の鎌田校長先生から、「皆さんの体と心を元気にしようと赤十字のみなさんがカレーを準備してくれました。たくさん食べてください。」とのお話しがあり、赤十字奉仕団の佐々木副委員長は「赤十字は災害や病気で苦しむ人々のために命と健康を守る活動をしています。また、この活動は一人ひとりのやさしさに支えられています。今日はいっぱいお代わりをしてください。」とあいさつ。

 

IMG_1988

 

 体育館にはカレーの匂いが漂う中、行儀よく並びます。(もう少しで食べられるぞ・・)

 「こぼさないように、こぼさないように」

 

 

IMG_1996

  

  校長先生のお話しにあった元気なあいさつは、大きな声の「いただきます!」で満点でした。

 「ごちそうさまでした」、「ありがとうございました」も、とても気持ちが良かったです。

 

 

IMG_2001

 

 「味はどうですか?」

 「おいしいです!」

 

 

 

IMG_2004

 両校児童と先生方に「ふれあい給食会」のメンバーを加え、一緒に食事をし交流を深めました。

 何度もおかわりをしてもらい、あっという間に用意したごはんが無くなりました。

 

 

 

IMG_2008

 食事を終えた児童の代表から、「朝早くから準備していただき、ありがとうございました。私たちは、たくさんの人に支えられています。これからも頑張っていきます。」とお礼の言葉があり、全員の「ごちそうさまでした!」でお開きに。

 

 

 「今回は、織笠小学校と轟木小学校の校長先生に承諾いただき、両校が交流する良い機会にこの給食会を実施することができた。」と喜ぶ、山田アマチュア無線ネット赤十字奉仕団の佐々木副委員長。

 同奉仕団では、今年度3回の「赤十字ふれあい給食会」を実施します。 

 

このページのトップへ