日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~その25~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~その25~

 平成27年7月17日(金)、大船渡市の大田・平林仮設団地と陸前高田市の滝の里仮設団地を訪問し「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を行いました。この日は、雫石町にある特別養護老人ホーム日赤鶯鳴荘(にっせきおうめいそう)の入居者さまから被災地の皆さまへと、心のこもった千羽鶴をお預かりし両仮設団地の皆様に贈呈しました。丁寧に折られた鶴に「わーきれいだ!」「細かいのにすごいなー」大きな拍手で感謝の気持ちをいただいてきました。

DSCF4261DSCF4251  

DSCF4272DSCF4267 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日後に5仮設合同夏祭り交流会を控え、タイミングよく提灯作りを行いました。カラフルな飾りつけに見ている我々もびっくりするほど素敵な提灯を作っていただきました。赤い和紙で「祭」の文字を切り取ったり、活き活きと金魚を泳がせたり。「上手な人がけなり~(うらやましい)」などと言いながら楽しいひと時を過ごしていただきました。

DSCF4276 

          ↑ 大船渡市 大田仮設団地・平林仮設団地の皆さんです。 

 

 午後の陸前高田市は、雨模様。ストレッチを終えたところでウォーキングを断念。集会所でお茶会をしながら手ぬぐいを使ったティッシュボックスカバーとペットボトルホルダー作り を行いました。繰り返し練習してしっかり覚えようと頑張る方が多かったです!

DSCF4288

DSCF4278 

 

 

 

 

 

 DSCF4293DSCF4291

 

 

 

 

 

 

 滝の里仮設団地でも日赤鶯鳴荘からの千羽鶴を住民代表として3名の女性に贈呈しました。こちらでも感謝の言葉と大きな拍手をいただき集会所に飾っていただきました。 

 お茶会最後は、「負けるが勝ち」という後出しじゃんけんを皆で行いました。「負けるのって難しい~」 「初めてやったよ。面白かった」と笑って雨の日のお茶会を終えました。

DSCF4299

             ↑ 陸前高田市 滝の里仮設団地の皆さん

  日本赤十字社岩手県支部では、仮設住宅にお住いの方々の健康支援として、「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。「お茶っこ会」では、季節の行事や時季にちなんだイベントを準備しております。これから、仮設住宅を退去され新しい環境での暮らしをされる方も多くなると思いますが一緒に参加して、楽しいひと時を過ごしていただくことを願っております。皆様ぜひご参加下さい。                       

 

このページのトップへ