日本赤十字社岩手県支部

平成27年度 復興支援事業 『盛岡赤十字病院職場体験』 を開催しました

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 平成27年度 復興支援事業 『盛岡赤十字病院職場体験』 を開催しました

 8月4日(火)東日本大震災復興支援事業の一環として、沿岸被災地の中高生を対象とした職場体験を盛岡赤十字病院で開催しました。

IMG_8455

 この職場体験は、医療従事者を志す沿岸被災地の中高生を盛岡赤十字病院に招き、医師・看護師・検査技師・薬剤師・放射線技師・臨床工学技士・理学療法士の7部門で希望する仕事を体験していただくもので、今年で3回目になります。宮古市・山田町・釜石市・大槌町・大船渡市などから79名が参加し、それぞれの分野で医療の現場を体験しました。

IMG_6599

 P1040835 

 

 

 

 

 

  医師の分野では、手術室で電気メスや縫合器具を使って、鶏肉を切ったり縫ったりと本番さながらの手術体験をしました。

P1040796

P1040785

 

 

 

 

 

 

 

  IMG_1738IMG_1767

 

           

 

 

 

   看護師の分野では、生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしたり、血糖測定や血圧測定などの体験をしました。 

IMG_1619

 IMG_1571

  

 

 

 

 

 

検査技師の部門では、血液型を判定したり、超音波エコーで、お互いを撮影したりしました。

IMG_8480   IMG_1575

 

 

 

 

 

  そのほか、薬剤師・理学療法士・放射線技師・臨床工学士など、調剤や医療機器の操作、実際の医療技術を学びました。

IMG_6627 IMG_6642

 

 

 

 

 

  また、午後の講話では、医師・看護師・検査技師から、“今の道を選んだ理由”や“どうしたらなれるか”などの話を聞き、皆さんは各々の夢の実現に思いを強くしたようでした。

 IMG_6668IMG_1680

 

 

 

 

              

 最後に、“盛岡赤十字病院の災害救護の実際”についての講話を聴いたあと、日本赤十字社岩手県支部と盛岡赤十字病院の救援車両や救援倉庫などを見学し、日赤の災害への備えを学ぶことができました。

  参加した皆さんからは、「楽しかった」、「普段できないことを体験できた」、「疑問を解決できた」、「実際に体験して仕事への希望が湧いた」、「2回目の職場体験で別の職種を体験し、視野が広まった」、「ますます医療に興味が持てた」などの感想をいただきました。

 ご参加いただいた皆さんには、将来、岩手の医療の一翼を担っていただくことを期待したいと思います。

 

 

 

このページのトップへ