日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~その24~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」~その24~

 平成27年6月26日(金)、陸前高田市の高田一中仮設団地米崎小仮設団地を訪問し「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を行いました。当日は、盛岡赤十字病院と血液センターの職員も同行し7名での訪問となりました。雲が立ち込め蒸し暑い気候でしたが初参加の92歳と69歳の女性を含め35名の方が集まって下さいました。

 高田一中仮設では、「仮設の中にばかりいると、座ったままでどこにでも手が届くので歩くことをしなくなる」「みんなと歩くと頑張れる」「家の中にばかりいるより外の空気を吸うだけでも気持ち良い」などとお話しながら歩いていらっしゃいました。

DSCF3862

 DSCF3884

 

 

 

  

 

 

          お茶会では『七夕の笹飾り作り』を行いました。「自分ではなかなか作らないから楽しみだ~」

DSCF3960 DSCF3984

 

                                                                                                                                                                                                           大漁を祈願した『網かざり』の切り方から始まり『吹き流し』『花飾り』『ひしがたつづり』を丁寧に作って、いよいよ飾り付け。

 完成!「きれいだ。きれいだ」「孫に送ってあげたいな」

DSCF3989DSCF3993  

 

 

 

 

 

 

        願いを込めた短冊には「早く家が建ちますように。年ばかりとるから」「自分の部屋がほしい」などと書かれていました。最後に『たなばたさま』を全員で合唱。一日も早く願いが叶いますように。

                   高田一中仮設の様子 ↑

 

 米崎小仮設では、陸前高田市立米崎小学校の校庭にある仮設団地の方々と近くにある米崎中学校仮設にお住まいの方々と一緒にイベントを行っています。

 米崎小学校の校舎をバックに全員でストレッチ 。長く歩きたい人、短く歩きたい人と体力に合わせてコースもいろいろ。高齢の方も意欲的で92歳の方が初参加。ノルディックウォーキングの良さが口コミで広がっているようです。

DSCF4035 DSCF4040

 

 

 

 

 

 

     お茶会の笹飾り作りは、男性陣も負けてません。首のタオルがお揃い(^o^) ウォーキングの汗を拭いながら頑張っています。

   DSCF4097DSCF4080

 

 

 

 

 

 

     フラワーペーパーを一枚一枚丁寧に広げて「芍薬(しゃくやく)みたいだね」とうっとり⁉自分で作った 飾りはやっぱりキレイ。

  DSCF4126  DSCF4127

  

 

 

 

 

 

      皆さんの優しい笑顔がお星さままで届いて、一日も早く願いが叶うようにお祈りします。

                  米崎小学校仮設の様子 ↑ 

    

 日本赤十字社岩手県支部では、仮設住宅にお住いの方々の健康支援として、「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。「お茶っこ会」では、季節の行事や時季にちなんだイベントを準備しております。これから、仮設住宅を退去され新しい環境での暮らしをされる方も多くなると思いますが一緒に参加して、楽しいひと時を過ごしていただくことを願っております。皆様ぜひご参加下さい。            

このページのトップへ