日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その11~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その11~

 9月26日(金)、陸前高田市の第一中学校仮設(鳴石仮設)団地を訪問して「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を開催しました。 

 前日までは台風16号から変わった温帯低気圧の影響で、沿岸部は強い雨が降ったとのことでしたが、今日は快晴!。9月も終わりとはいえ、汗ばむ陽射しの中でウォーキングをしました。

006               ストレッチ(逆8の字回しは考えながら) 

010団地のある高台を下りウォーキング開始

013嵩上げが進む旧市街地をウォーキング

 今日のお目当ては嵩上げの進む旧市街地にある花壇。多くのボランティアの方々が整備して下さった花壇では色とりどりの花が咲いています。ひとつひとつの花を愛でながらウォーキングをしました。

017花に囲まれてのウォーキング

 ウォーキングで心地良い汗をかいた後は、お茶っこ会です。今日は爪楊枝で作る「一輪挿し」を皆さんと一緒に作りました。

022爪楊枝を並べる作業中

028完成した一輪挿しを手に記念撮影  

 日本赤十字社岩手県支部では平成23年11月より、仮設住宅にお住いの方々の健康支援として、23カ所の仮設住宅で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。「ウォーキング」「お茶っこ」どちらかだけの参加ももちろん大歓迎です。「お茶っこ」では毎回内容を変えて、いつ参加されても、どなたが参加されても楽しんで頂けるようにしていますので、みな様ぜひご参加下さい。

  

 

            

このページのトップへ