日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その9~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その9~

 大型の台風8号が九州・沖縄地方を襲い、岩手県でも天候が徐々に下り坂へ向かう7月9日(水)、  宮古市田老にあるグリーンピア仮設で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を2か月ぶりに実施しました。雨が心配されましたが、どうにか持ち堪え、13名の参加者とウォーキングをすることが出来ました。

047

               全員が写らない位広がってストレッチ

 

051             

                   ウォーキング開始  

 

055 

                 広大な敷地と心地良い芝生  

 

 参加された皆さんと気持ちの良い汗をかいた後は、集会場での「お茶っこ」です。

 七夕も終わり(旧暦まで引っ張っても良いのですが…)、また新しい企画がスタート。今日からは「提灯」作りです。とは言っても最初から全て手作り、という訳にもいかないので、絵付けをしていただきます。クレパスで絵を描いたり、形抜きした色和紙を貼ったりと思い思いに「オリジナル提灯」を作っていただきました。  

071

                  センスが光る女性陣  

 

 嬉しいことに、この仮設団地ではノルディックウォーキングだけではなく、お茶っこ会にも多くの男性が参加して、面倒臭がらずに我々の企画にお付き合いくださいます。いつもありがとうございます。 

 

067

男性陣も負けていません

 

077

               記念撮影(遠くて柄が見えませんが…)

 

 日本赤十字社岩手県支部では平成23年11月より、仮設住宅にお住いの方々の健康支援として「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。1人でも多くの方が足を運んでいただけるように、楽しい催しを企画しておりますので、皆さま是非ご参加下さい。

 

 

 

このページのトップへ