日本赤十字社岩手県支部

青年赤十字奉仕団第1ブロック協議会を開催しました

TOP > 活動報告 > ボランティア > 青年赤十字奉仕団第1ブロック協議会を開催しました

 6月7日・8日の両日、盛岡市内のホテルと日本赤十字社岩手県支部を会場とし、北海道と東北各県の青年赤十字奉仕団の代表者により、今後の活動などについて協議を行いました。

 「東日本大震災の被災者に対する支援活動の継続と今後起こりうる非常災害への取り組みについて」、「HIV/AIDS予防啓発活動の推進について」などを青年・大学生が「自分たちにできること」を真剣に議論しました。                                                                              

IMGP1646 発災時に高校3年生で被災した参加者や宮古短大奉仕団からは貴重な報告もあり、「被災地ではまだボランティアが必要」、「現在の状況の情報発信に取り組むべきでは」、「ニーズに合わせた活動を行うこと」や「身近なところからHIV/AIDSについて広めていく」、「キャラクターを利用して啓発活動を」などの意見交換が熱く続きました。

IMGP1649 日赤本社職員を交えた協議を終え、参加者には強い繋がりができたようです。早速、「連携をとり活動しましょう」と声を掛け合っていました。

 参加者の皆さんのこれからに期待します!   Our world. Your move.

このページのトップへ