日本赤十字社岩手県支部

盛岡市立大慈寺小学校【青少年赤十字登録式】

TOP > 活動報告 > JRC > 盛岡市立大慈寺小学校【青少年赤十字登録式】

 5月16日(金)、盛岡市立大慈寺小学校で青少年赤十字登録式が行われました。

 「おはようございます!」
  気持ちの良い朝をより一層さわやかにする元気があって明るく弾むような声!あちらこちらから
聞こえてきます。
  ニコッと笑顔で迎えてくれる皆さんから、心にとびっきりの元気と優しさをもらいました。
 立ち止まって一礼をしてくれた高学年の児童の姿には、素晴らしいの一言では言い表せない
ものを心に感じ、身の引き締まる思いでした。

 藤川ひとみ校長先生が、全校での「あいさつ」の取り組みについてお話してくださいました。「先手あいさつ」「おじぎあいさつ」「ラの音あいさつ」ミックスしてトータル的に出来るようにとみんなでがんばっているそうです。実践してみて心に感じたことを、皆さんが思い思いに書いています。

DSCF2853
 「さぁ、あなたなら次にどんなあいさつを入れる?」言葉は本当に不思議です。何気ないひと言で人は元気が出たり傷ついたり。学校生活でお友達といろいろなことを経験する中で、また先生方からご指導いただきながらたくさんのことを感じ考えながら、皆さんはこれからも素晴らしいあいさつで出会う人たちの心に素晴らしい感動を与えてくれることでしょう。

 
DSCF2840 
 今年度から、みんなが見れる青少年赤十字コーナーを設けました。各学年ごとの取り組みを掲示することで、学級同士の交流を広めながら深めようとするものです。各学年のボランティア活動の取り組み等を紹介しながら、学校全体で赤十字活動をより活発にしていこうとJRC委員会の皆さんを中心にがんばっています!

 

 

DSCF2847 
 JRC賛助奉仕団の上斗米隆夫先生に講師としてご出席いただきました。
 上斗米先生の母校でもあり、皆さんの大変立派な姿に感激しておられ、先生が当時行っていた校内でのボランティア活動のことなどをお話し下さいました。

 

 

 

DSCF2844

DSCF2846

 JRC委員会の皆さんが「青少年赤十字とは」について立派に発表してくれました。
大慈寺小学校の皆さんの様子を見て感じたことは、主体性を育むための「気づき」「考え」「実行する」の態度目標が学校生活の中ですばらしいカタチとなって発揮されていることです。
 皆さんの姿からたくさん大切なことを学ばせていただき、そして皆さんの立派な姿には心から感動しました。すばらしい登録式をありがとうございました。
 

このページのトップへ