日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その5~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その5~

5月9日(金)、大船渡市末崎町の大田仮設団地と平林仮設団地で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しました。こちらの2団地は併設されているため、毎回両方の仮設団地から参加いただいています。今日は17名。

今回なんとNHKが取材に来ました!それも海外から!                   ・・・違いました。NHKが海外向けに放送しているワールドニュースでの取材でした。世界各国の赤十字組織から寄せられた『海外救援金』の使われ方を紹介する内容のようです。

008                                             参加者が自宅から出てくる様子

015                         山の上に黒い雲が。雨の予感。

 丁寧にストレッチをしていたら、雨が降り出してしまいました・・・。そのような訳でウォーキングはコース前半で断念して談話室でのお茶っこへ。5月11日(日)は母の日です。母の日にちなんで、「フラワーポット作り」をしました。

006                                           こんなイメージで作ります。

026                                    みなさん、あっという間に完成。

034                        

ポットを持って記念撮影。

 残念ながら、雨のためにウォーキングを楽しむことは出来ませんでしたが、お茶っこ会は満足いただけたようでした。次回5月28日の遠野カッパ淵でたくさんウォーキングしましょう。

 日本赤十字社岩手県支部では平成23年11月より仮設住宅にお住いの方々の健康支援として、23カ所の仮設住宅で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。「ウォーキング」「お茶っこ」どちらかだけの参加も勿論、大歓迎です。1人でも多くの方が足を運んでいただけるように、楽しい催しを企画しておりますので、みなさま是非ご参加下さい。

 

このページのトップへ