日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その4~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その4~

 4月25日(金)、陸前高田市の滝の里仮設団地で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しました。今回は9月に放送予定の広報番組制作のためにカメラも一緒にお邪魔しました。

 今日の陸前高田市は非常に暖かな日差しに恵まれました。

004  007

 赤十字スタッフの方が緊張気味にスタート。     ストレッチだけで汗が出ます。

008

             仮設下の国道までの坂道を往復しました。

 集会所でのお茶っこは「端午の節句イベント」最終日。折り方を分かりやすく説明するために、巨大な折り紙を用意しました。

018  025

  まずはジャンボ折り紙で説明して・・・。      スタッフがお一人ずつ回ります。

028

              完成した色紙を手に記念撮影。 

 こちらの仮設団地では毎回、多くの方々にご参加いただいています。そのため、ついつい無理なお願いをしてしまうことも…。それでもこうして笑顔で迎えてくださいます。次回は5月28日、遠野カッパ淵での合同イベントでみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。  

 日本赤十字社岩手県支部では、平成23年度11月より仮設住宅にお住まいの方々の健康支援として23カ所の仮設住宅で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。       「ウォーキング」、「お茶っこ」どちらかだけの参加も勿論、大歓迎です。1人でも多くの方が足を運んでいただけるように、楽しい催しを企画して参りますので、皆様ぜひご参加下さい。

                

 

 

 

 

このページのトップへ