日本赤十字社岩手県支部

「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その1~

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > 「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」 ~その1~

4月9日(水)、今年度最初の「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を

大槌町の仮設団地で実施しました。午前は小鎚第8仮設、午後は安渡第2(安渡小)

仮設を訪問して、春の日差しがあふれる中をウォーキングしました。

今回は安渡第2仮設での様子をお知らせします。

024

桜の木を見上げて「あと、2~3日で咲きそう。」

032

まずはストレッチ(準備運動)

034

仮設団地を出てウォーキング開始

036

安渡古学校のふれあいドームで記念撮影

 ウォーキングの後は談話室でのお茶っこ会です。もうすぐ端午の節句なので、

折り紙で作る「鯉のぼりの色紙」作りをしました。

003

↑ これを作ります。

044

折り方を説明するスタッフ

046

参加者もスタッフも楽しみました。

 日本赤十字社岩手県支部では、平成23年11月より仮設住宅にお住まいの方々の健康支援として

23カ所の仮設住宅で「ノルディックウォーキングとお茶っこの会」を実施しています。

「ウォーキング」「お茶っこ」どちらかだけの参加ももちろん大歓迎です。1人でも多くの方が

「ノルディックウォーキング」や「お茶っこ」に足を運んでいただけるように、楽しい催しを

企画して参りますので、皆様ぜひご参加下さい。

 

このページのトップへ