日本赤十字社岩手県支部

ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

TOP > 活動報告 > 東日本大震災復興支援事業 > ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

一緒に歩もう!いきいき健康!ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

12月6日(金)、支部職員2名とノルディックウォーキング赤十字奉仕団4名で山田町町民グラウンド仮設団地を訪問しました。

今回より「お茶っこ」の内容をバージョンアップして時季の行事を織り込むこと にしました。

第一弾は「Xmas会」です。

ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

まずはウォーキング

その後、「お茶っこ」班と合流してクリスマス会をしました。

ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

「赤鼻のトナカイ」で踊り始める参加者も

みなさんにケーキとローストレッグをお配りして、お茶やコーヒーで乾杯。

「インフルエンザの予防」と「ノロウィルス」についての講話をした後にXmasリース作りをしました。

ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

思い思いに飾り付けをする参加者

ノルディックウォーキングによる健康づくり《No.5》

サンタも一緒に記念撮影

日本赤十字社岩手県支部では、平成23年11月より仮設住宅にお住いの方々の 健康支援として23カ所の仮設住宅でノルディックウォーキングを実施しています。

寒い季節はどうしても運動不足になったり部屋に籠りがちになりますが、1人でも 多くの方が「ノルディックウォーキング」や「お茶っこ」に足を運んでいただけるように 楽しい催しを企画したいと思います。

このページのトップへ